電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナー

シェアする

ebook_01

電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナーを調査しました。購入レンタルの両方です。 大量の紙をスキャンできるドキュメントスキャナとも呼ばれています。もちろん書類など他の用途でも使えます。

電子書籍の自炊でおすすめで安いブックスキャナー(購入編)

ブックスキャナーを調べるにあたり気にしたのは、どのサイズまでスキャンできるかということ。
ただ、「AKIRA」や「風の谷のナウシカ」などの大判コミックも大抵OKです。B5ですけどA4までOKの場合が
ほとんどなので。

すべてOCRに対応しています。OCRに対応しているとPDFで検索できます。

アマゾン人気1位、口コミも良好の富士通のブックスキャナーです。DMMいろいろレンタルでもレンタルできます。
A3はA3の紙を半分に折って挟んだものをスキャンするという仕掛けのようです。A3はどの機種もそのような仕様のようです。

追記です。
ScanSnap iX500をついに購入しました。設定や使い方などのノウハウはこちらにまとめましたので、購入したら参考にしてください。

scansnap ix500に表紙など自炊する際の使い方と最適なocrのソフト
Macでscansnap ix500を使っています。 Windowsユーザーも基本的に一緒のはずなので、参考になるところがあるかもしれません...

購入する際に非常に細かい話になりますが、ScanSnapにはiX500aとiX500apがあります。

  • iX500Aは、1年保証
  • iX500A-Pは、2年保証
  • 2年保証もほとんど価格が変わらなくなっており、購入したときはアマゾンより特価COMの方が安いため、そちらを利用しました。

    特価COM

    富士通の昔の機種です。評判はよいようです。中古でよければ安く買えます。DMMいろいろレンタルでもレンタルできます。

    ScanSnap S1500とiX500を比較してみると、その違いは、20枚/分→25枚/分になったことです。検索できるPDFを作りたい人にとって、1番大きな違いは、OCRの時間がS1500の45%の時間になったことです。

    富士通のスキャナ 「ScanSnap iX500」の特長「検索可能なPDFの高速生成を実現」を掲載しています。

    重量やサイズ他はあまり変わりません。黒と白で色は違いますね。あとは値段と相談でしょうか。

    キャノン(canon)の1番の売れ筋です。富士通よりキャノンの方が安いです。ただし、読み込み速度がDR-C225Wは iX500 の半分しかないようです。デザインは好みがありますかね。

    エプソン(EPSON)はフラッドベッドスキャナーなら見当たるのですけど、見当たりませんでしたね。
    それほど種類は出回っていないようです。

    裁断機も売っているようですが、裁断は結構、苦労するようです。 そのため、店舗の裁断サービスを利用した方がいいかもしれません。裁断のみ郵送で代行しているところもあります。

    でも、書籍によって裁断可能なコンパクトサイズもあるようです。

    もしくは非破壊系スキャナーを利用すれば、裁断の作業せずスキャンできます。 非破壊系で綺麗に読み取れるスキャナは富士通のこの機種だけのようです。少し値段は高くなります。

    ただ、このスキャナーはどう考えても時間がかかりますよね。 自動でページはめくりませんから。どちらかというとパンフレット向きですかね。

    スポンサーリンク

    電子書籍のおすすめ比較

    安いのがいいなら、DMM.comいろいろレンタルのレンタルスキャナー(レンタル編)

    DMM.com いろいろレンタル

    購入するのではなく、dmmいろいろレンタルのレンタルスキャナーもあります。

    この値段でスキャナがレンタルできるなら安いです。
    【富士通/スキャナー】ScanSnap iX500 FI-IX500-C(Windowsモデル)

    しかも、送料込み、宅配レンタルと違い期間は到着してから宅急便の人に受け渡しまで。 万が一おかしくなってもDMMが修理費を負担(おそらく普通に使っているぶんには)というメリットがある上に、かなり激安で1/10ぐらいの価格です。あまり自炊しない人はこちらの方がいいかもしれません

    DMM.comいろいろレンタルのレンタルスキャナーは

    【富士通/スキャナー】ScanSnap iX500 FI-IX500A(Windows・Mac対応) ← アマゾンのベストセラー 【富士通/スキャナー】ScanSnap S1500 FI-S1500(Windowsモデル)

    の2択のようです。楽に決められますね。

    家電に移動して、「電子書籍 スキャン」か型番で検索してみましょう。 レビューはアマゾンを参考にしましょう。

    DMM.comいろいろレンタル

    スキャナーのみのレンタルもできますが、裁断機のセットでレンタルもできるようです。

    検索すると次のような候補がいくつか見つかります。

    >自炊・電子書籍化キット プラス裁断機PK-513L&ScanSnap iX500 FI-IX500A

    スポンサーリンク

    レンタルか購入か

    はじめはレンタルでもいいのではないでしょうか。
    レンタルをおすすめする理由としては、下記の3点です

    • そのブックスキャナーを買う前に使い勝手が試せる
    • あまり裁断しない人は、何度か裁断している間に、新機種や安価のブックスキャナーがでるかも
    • でかいスキャナーで場所を取らない

    【富士通/スキャナー】ScanSnap iX500 FI-IX500-C(Windowsモデル)

    デメリットとしてはいつでも好きなときに自炊できないことでしょうか。

    個人的には電子書籍で販売しているものは、すべて電子書籍で買い直しているため、あまり自炊はしません。電子書籍化されない書籍だけやむなく自炊しています。裁断コスト、スキャンコスト、金銭だけではなく時間的なコストがのっかるため、その間、働いていた方がいいだろうという判断です。

    セールを利用すれば40%オフ〜半額ぐらいでわりと買えますし。

    電子書籍の購入ストア徹底比較(2017) おすすめで安いのはどこ!?
    改めて電子書籍の購入ストアを比較してみることにしました。各社の戦略によりキンドルの利用率は個人的に1割ほどまでさがっています。 電子書...
    スポンサーリンク
    デジタル化セット

    DMMの事業内容・展開

    ちなみにDMMは格安スマホやDMM英会話などいろいろな事業をやって最近勢力拡大中の企業です。個人的にDMMモバイルも利用しています。

    DMMモバイルは速度が遅いのかを東京神奈川県で計測中(契約者のsimの口コミ評価)
    dmmモバイルを契約してもう1年半たちますね。長く契約していてわかったことですが、ポイントで電子書籍が買えるのが他のsimにはない嬉しい点で...
    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク