in_categoryやis_singleでアドセンスやウィジェットの除外・消去をする方法

シェアする

wordpress001

in_categoryやis_singleなどの関数を使って、
特定のウィジェットを除外・消去する方法をまとめていきます。アドセンス(Google Adsence)や広告なんかでよく使われますかね。

スポンサーリンク

in_categoryでカテゴリの条件分岐する。カテゴリIDに注意すべき!?

カテゴリの条件分岐について簡単に書いておきます。

<?php if(in_category('1')): ?>
if(in_category('1')){
}

カテゴリIDは、カテゴリのマウスオーバー時した際に、表示されるIDか、スラッグで指定します。

もしくは

<?php if(in_category('カテゴリ名')): ?>

番号はわかりにくいけど、変わらない、
カテゴリ名はわかりやすいけど、カテゴリ名を変更すると変わってしまう。
と一長一短あります。

複数指定したい場合

<?php if(in_category(array( '1', '7' ) )): ?>

isではなくinです。念のためですけど。
is_categoryはカテゴリアーカイブそのものです。カテゴリ内にある記事はひっかけてくれません。

ちなみに、スラッグの横にある投稿の数字とカテゴリIDは、違うことがあるため注意が必要です。 おそらくカテゴリの削除なんかをしていると、数字が異なる状況になることがあると思われます……。 あれ?表示されないってことにならないために、注意しておきましょう。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

is_singleのウィジェットを除外

is_singleは個別記事の場合ですね。

is_singleを使うだけで基本的に変わりません。除外する場合が多いと思うので、除外する方法でいきます。
基礎中の基礎ですが、!で除外ですね。下記は7の記事を除外する場合です。

<?php if ( !is_single( '7' )): ?>
<?php if ( is_single() && !is_single( '7' )): ?>

もちろん、記述する場所によっては、phpで囲ってやらないときもあります。その場合、ifからはじまります。
function.php内でh2の見出しの上にアドセンスを表示する場合など、そうですかね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする