デザインのバージョン管理でおすすめは?(githubの無料プラン容量上限)

プログラミング学習

githubの無料プランから有料にするのか、それとも他のバージョン管理にいいのあるのか、少し調べてみました。主にデザインなどの大容量の素材をどう扱うのかの検討です。軽く覚書程度です。

githubの無料プランの容量上限

まず、現在利用しているgithubの把握です。500MBのようです。上位版のTeam、企業向けのEnterpriseなどがあります。

GitHub Free | Storage 500MB | Data transfer (per month)1GB

https://docs.github.com/ja/billing/managing-billing-for-github-packages/about-billing-for-github-packages

月額7ドルのProプランと月額9ドルのTeamプランをどちらも4ドルに値下げしました。ただ料金はともかく上限が2MBと4倍になりますが、それでもガンガン大きなファイルをあげると足りなくなるため、PSDなど大容量のファイルはDropboxの有料プランで管理するようにしています。githubは基本プログラミングのソースコード置き場という考え方です。

あとgithubで容量オーバーしているユーザーさんはTwitterをみると結構いるようです。。

1ファイル50MBの制限もあるようです。画像はせいぜい数百kbですが、動画は要注意でしょうか。

GitHub limits the size of files allowed in repositories. If you attempt to add or update a file that is larger than 50 MB, you will receive a warning from Git. 

https://docs.github.com/en/repositories/working-with-files/managing-large-files/about-large-files-on-github

githubの複数アカウントは規約違反!?

規約違反のようです。まあ、上位プランに移行してもらいたいのでしょうから当然かもしれません。

いち個人や法人は1つより多くの無料アカウントを維持することはできません。また、自動化タスクの実行のみに使えるマシンユーザーアカウントも1つより多く持つことはできません。

https://qiita.com/hnw/items/0ad26274a8b90fffffaa

リポジトリサイズの確認

未検証ですが拡張機能があるらしいです。

管理画面から確認できないのは不便ですね。。

Githubフリー版と有料版の違い

ついでにGithubフリー版と有料版の違いです。

Free
$0
USD
The basics of GitHub for every developer
Unlimited public repositories
Unlimited private repositories
Limited to 3 collaborators for private repositories
2,000 total Action minutes/month
See pricing details
500MB of GitHub Packages storage
See pricing details
Advanced vulnerability scanning for public repositories
Automated security updates
GitHub Security Advisories
Issues and bug tracking
Project management
Pro
$7
USD
Per month
Pro tools for developers with advanced requirements
Includes everything in Free
Unlimited collaborators
3,000 total Action minutes/month
See pricing details
1GB of GitHub Packages storage
See pricing details
Private GitHub Pages and Wikis
Private protected branches
Code owners
Repository insights

有料版と無料版の違いは、共有できる人間が3人が大きいでしょう。

他にはアクションできる回数が2000から3000に、ストレージ容量が500MGから1GBに、GitHub PagesとWikiが利用可になることでしょうか。

スポンサーリンク

デザインのバージョン管理でおすすめは?(音声、動画、PSD、高画質な画像などはバージョン管理)

では、デザインのバージョン管理はできないのでしょうか。

音声、GifやMp4などの動画、PhotoshopのPSD、高画質な画像などです。実はGit Large File Storage(Git LFS)というGitの拡張機能があるようです。基本有料みたいです。

他にもデザインのバージョン管理ツールもあります。

  • Abstract
  • Git for Sketch plugin
  • Kactus
  • Plant
  • Folio
  • Trunk
スポンサーリンク

Unityのバージョン管理でおすすめは!?

このような素材が多い場合、ゲームアプリなどが多いです。

最近はuntiyさんもなんかやっているみたいですね。サイトをみたところ、Plastic、、Perforce(EA や Ubisoft などで利用されているバージョン管理システム)、Git、Subversionを比較して自らが最強をとなえているようです。

Plasticは1Gまで無料ですからPlasticはすごいのかな。GitとSubversionしか使ったことないため機会があったら検討したいと思います。

Plastic SCMはスペインの会社CódiceSoftwareの開発ですが、勢いのあるUnityさんが買収した形です。2020年のことです。

スポンサーリンク

バージョン管理ツールの参考文献

Comparison of version-control softwareあたりを参考にしてください。

簡単ですが参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました