アート

【デメリット】フォトショップエレメンツの買い切りの価格!CCとの違いをレビュー!体験版は!?

アート

フォトショップエレメンツの体験版を使ってみました。CS6からの乗り換えやCCと迷っている人のための記事です。

フォトショップエレメンツの買い切りの価格!体験版は!?

初心者用のPhotoshop Elements 2023のメリット

  • メリットはなんといっても、買い切りの永久ライセンスです。19580円。
  • 動画編集ソフトのPremiere Elementsとセットで買うと、セット割が効いて安くなります。

30日間無料体験版があるため、試してみましょう。かなり初心者向けです。

Photoshop Elements 2023

Photoshop Elementsの体験版のダウンロード

フォトショップエレメンツの買い切りの価格!体験版は!?できないこと!CS6やCCとの違い!

公式サイトからダウンロードすればすぐにはじめられます。

メニューバーにある[無料ではじめる]をクリックすると体験版のページに飛びます。

Photoshop Elements 2023

AdobeIDは作成が必要です。

Photoshop Elementsの体験版のインストール

Photoshop Elementsの体験版のインストールは特に迷うことはありません。言語を選ぶぐらいです。

【レビュー】フォトショップエレメンツの買い切りの価格!CCとの違い!体験版は!?

映像編集ソフトPremiere Elementsのインストールもあとからできます(インストールしなくてもOKです)

インストール後、起動すると次のような画面になります。

超初心者用のクリックモードが開きます。機能が限定されすぎていてあまり使いやすくないため、エクスパートのタブをクリックするとよいかもしれません。

エキスパートをタブをクリ九するとツールバーなどが増えます。

Photoshop Elements 2023

Photoshop Elements 2023のアップグレード

フォトショップエレメンツは毎年新しいものがでています。

メジャーアップデートは有償のサービス12936円(ざっくり、Photoshop CCの1年ぶんぐらいの料金)になっています。アップグレードしなければ永久ライセンスでずっと使えます。

毎年でていますが、それほど変わるものではありません。

スポンサーリンク

photoshop elementsのデメリット

上級者には物足りない気がします。

【レビュー】photoshop elementsでできないこと!CS6やCCとの違い!

文字ツールにメトリクスとオプティカルがない!

Photoshop Elements でできないことは次のとおりです。2023年版はクイックマスクはありましたね。

  • 文字ツールにメトリクスとオプティカルがない!字間を調整するカーニングが半自動でできない!
  • 画像を縮小・拡大を繰り返しても画質が落ちないスマートオブジェクトが使えない
  • バッチ処理はできるけど、アクションが作れない
  • ベテランデザイナーほど重宝するトーンカーブが使えない
  • ペンツールが使えない
  • 3Dモードが使えない
  • 印刷用のCMYKが使えない
  • タイムラインがない(アニメーションができない)
  • エクスポートの数が少ない(epsの書き出しができない)
  • レイアウトが固定されており自由に配置できない(レイヤーパレットはカスタムワークスペースで切り離せるが、ツールバーはないっぽい)

個人的には昔エレメントを使ったこともありますし、2023年の体験版もいれました。しかし、メトリクスとオプティカルがない時点で却下でした。機能的に全然違うため普通のPhotoshopがおすすめです。特に、文字ツール、スマートオブジェクト、トーンカーブ、クリックマスクモードなどはデザイナーが重宝する機能です。エクスポートの制限をきつく感じる人がいるでしょう。

フォトプラン

結局、個人的にフォトプランを契約しました。フォトプランの契約体験談はこちら!7日間無料体験版もあるため比較してみてもいいでしょう。

めちゃくちゃ初心者なので、エレメントからやってみたいという人は尊重しますけど…。

Photoshop Elements 2023

スポンサーリンク

【レビュー】photoshop elementsでできないこと!CS6やCCとの違い!

Photoshop Elements でできないことは次のとおりです。2023年版はクイックマスクはありましたね。

  • 文字ツールにメトリクスとオプティカルがない!字間を調整するカーニングが半自動でできない!
  • 画像を縮小・拡大を繰り返しても画質が落ちないスマートオブジェクトが使えない
  • バッチ処理はできるけど、アクションが作れない
  • ベテランデザイナーほど重宝するトーンカーブが使えない
  • ペンツールが使えない
  • 3Dモードが使えない
  • 印刷用のCMYKが使えない
  • タイムラインがない(アニメーションができない)
  • エクスポートの数が少ない
  • レイアウトが固定されており自由に配置できない(レイヤーパレットはカスタムワークスペースで切り離せるが、ツールバーはないっぽい)

個人的には昔エレメントを使ったこともありますし、2023年の体験版もいれました。しかし、メトリクスとオプティカルがない時点で却下でした。機能的に全然違うため普通のPhotoshopがおすすめです。特に、文字ツール、スマートオブジェクト、トーンカーブ、クリックマスクモードなどはデザイナーが重宝する機能です。エクスポートの制限をきつく感じる人がいるでしょう。

フォトプラン

結局、個人的にフォトプランを契約しました。

めちゃくちゃ初心者なので、エレメントからやってみたいという人は尊重しますけど…。

Photoshop Elements 2023

文字ツールにメトリクスとオプティカルがない!

字間を調整するカーニングが半自動でできない!

スマートオブジェクトが使えない

画像を縮小・拡大を繰り返しても画質が落ちないスマートオブジェクトが使えない

バッチ処理はできるけど、アクションが作れない

トーンカーブが使えない

ベテランデザイナーほど重宝するトーンカーブが使えない

ペンツールが使えない

3Dモードが使えない

印刷用のCMYKが使えない

タイムラインがない

アニメーションができない

エクスポートの数が少なくepsなどで書き出しできない

この点不満な人はCCにしましょう!

レイアウトが固定されており自由に配置できない

レイヤーパレットはカスタムワークスペースで切り離せるが、ツールバーはないっぽい

Photoshop Elements 2023

簡単でしたが、参考になれば幸いです。

コメント