eslintのエラーまとめ(warning Unexpected console statement no-console)

おすすめのオンラインプログラミング学習

覚書をかねてeslintのエラーをまとめておきます。初心者向けのものも一応残しておきます。

warning Unexpected console statement no-consoleのエラー

vcodeでconsole.logのwarningうざい、非表示(オフ)にする

vcodeでconsole.logのwarningうざいため、非表示(オフ)にしようと思いました。

どうやらeslintrcのファイルをいじればいいようです。

“no-console”: “off”が効かない

"rules": {
  "no-console": "off"
}

いろいろなサイトで上記のように書かれていましたが、なぜか自分の環境では効きませんでした。

jsファイルに書いたら効きました。

rules: {
  "no-console": "off"
}

なぜ効かなかったのでしょうか。

.eslintrc.jsと.eslintrc.jsonの優先度

あまり詳しくは調べていませんが、どうやら優先度の問題があるようです。優先度は下記のとおりです。

.eslintrc.js
.eslintrc.yaml
.eslintrc.yml
.eslintrc.json
.eslintrc
package.json#eslintConfig

.eslintrc.jsの方が優先度が高いです。

裏付けのツイートもありました。

.eslintrc.jsと.eslintrc.jsonの違い

違いとして以下のようなものがあります。

今のところrequireすることはないため、このままjsファイルに記述することにしました。

“off”、”warn”、”error”と別の書き方no-console”:0

余談ですが、no-console”:0と書いてもかまいません。

“off” or 0 – turn the rule off
“warn” or 1 – turn the rule on as a warning (doesn’t affect exit code)
“error” or 2 – turn the rule on as an error (exit code will be 1)

公式にのっていました。

Getting Started with ESLint
A pluggable and configurable linter tool for identifying and reporting on patterns in JavaScript. Maintain your code quality with ease.
スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

その他のeslintのエラー(error)

初心者向けかもしれませんが、一応書いておきます。

error Expected ‘===’ and instead saw ‘==

error Expected '===' and instead saw '==

イコールは2つではなく3つ。

error Unexpected var, use let or const instea

varではなく、letかconstを使いましょう。

var a = "a";     /*error Unexpected var, use let or const instead.*/
var a = {}; /*error Unexpected var, use let or const instead.*/

let a = "a";
const a = {};

error Unexpected ‘v-bind’ before ‘:’

v-bindを省略。

error ‘event’ is already declared in the upper scope

かぶっている。変数名を変更!

error Import in body of module; reorder to top import/first

import文より上にコードあり。

error The template root requires exactly one element

コピペでやっていたら、うっかり、divがscriptの外にでていました。

謝。

<template>
  <script id="aaa" type="x/template"></script>
  <div>
  </div>
</template>

正。

<template>
  <div>
    <script id="aaa" type="x/template"></script>
  </div>
</template>

error Expected error to be handled handle-callback-err

関数内のerr処理の書き方がおかしいです。とりあえず、そのあたりを省いてみるのもありかも。

エラー処理に何もないとダメなので、

console.log(error)

と追加するのも手です。

error A constructor name should not start with a lowercase letter

A constructor name should not start with a lowercase letter

lowercaseは小文字ですね。

const date = new date({})
const date = new Date({})

人のコードを動かしてみようとすると eslintのルールが違くてエラーがでたりします。

Async method ‘mounted’ has no ‘await’ expression

Async method 'mounted' has no 'await' expression

Asyncを外せばOKです。

error Expected to return a value in “aaa” computed property

Expected to return a value in "aaa" computed property

初歩です。returnが抜けています。

Unnecessary escape character

Unnecessary escape character

正規表現のエスケープが削除できます。

スポンサーリンク

stylelint

stylelintのエラー

stylelintのエラーはこちらの記事にまとめてあります。

stylelintのエラーまとめ Unexpected missing generic font family (font-family-no-missing-generic-family-keyword)
stylelintのエラーをまとめておきます。初心者用に簡単なエラーも残しておきます。 stylelintのエラー(error) Unexpected missing generic font family (font-fami...

stylelint-plusの使い方

stylelint-plusの使い方はこちらの記事にまとめてあります。

【stylelint-plusが最適解!?】VSCodeでcssのプロパティをソートする拡張比較!
「cssのプロパティをソートする拡張」や「プログラミングを整形する拡張」はいろいろありますので、覚書がてら、いろいろとまとめて紹介します。 後半はその中でも使い勝手がよさそうなstylelint-plusの使い方を紹介しています。個人...

厳選Udemyのおすすめ講座

Udemyのおすすめ講座をまとめました。

動画編集/プログラミング/資産運用などUdemyのおすすめコース
プログラミング、動画編集、資産運用などudemyのすべて実経験でおすすめコースをまとめていきます。Udemyは日本に来る前から愛用しています。 udemyはセールがあるため、とりあえず会員登録してお気に入りに登録しておくことがおすすめ...

ご参考になれば幸いです。

人気記事  安いオンラインプログラミングスクールおすすめ比較
  • 無料体験あり、オンライン完結あり
  • プログラミングスクールはオンラインで格安に!
  • 電子書籍並みの価格で買える動画学習サイトも一緒に紹介!初心者から上級者向け英語コンテンツまであり。ソースコードは言語関係なしに世界共通!
スポンサーリンク
おすすめのオンラインプログラミング学習
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました