udemy顔だしなし声出しなし人気Youtuberになるおすすめの方法(動画編集ソフト、Premiere Pro、DaVinci Resolveの本)

アート

udemyの動画編集の講座を購入しています。Adobe Premiereを使っていましたが、ダヴィンチリゾルブに乗り換えました。

また、顔だしなし声出しなしでYoutuberになる方法もあるので、そちらの情報を掲載しています。

顔出しなし声出しなしで人気Youtuberになる!ホワイトボードアニメーションソフトでおすすめ講座は?

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションの講座がいくつかでています。また別ソフトが必要ですが、最近ははやりみたいです。素材が用意されているため、初心者でも簡単に作れるようですね。オリジナルの素材はSVGが読み込めます。

買い切りプランもある「VideoScribe」というソフトが最も人気が高いです。

Udemy

ただ、VideoScribeは買い切りで800ドルもします。

ホワイトボードアニメーションソフトは必須ではありません。もしもホワイトボードアニメーションソフトが高い場合は、説明はマインドマップソフトなどを活用して動画編集ソフトfilmoraを使うと安くすみます。

マインドマップソフトを使って顔出しなし人気Youtuberになる

YouTuberでマインドマップソフトを使っている方も多いですね。EdrawMindがおすすめですね。

顔出しなし声出しなしで人気Youtuberになる方法

少し内容が短いですが、「顔出ししないYouTubeチャンネルの完全マニュアル【自分のペースでYouTuberを目指そう】」というのもあります。

Udemy

声出しなしにしたい場合はai音声を導入しましょう!詳しくはこちらです。もう現在、実用レベルになっています。

スポンサーリンク

動画編集ソフト比較(Premiere Pro、DaVinci Resolve、filmora、final cut PowerDirector)

ホワイトボードアニメーションソフトを導入しない場合は普通に動画編集ソフトが必要です。

動画編集ソフトを比較しましょう。

個人的な分析は以下のとおりです。

  • 昔、個人的にプレミアユーザーでしたが、あまり使い勝手がよかった記憶がありません。業界内にAfter Effectsの方がいいでしょう。プレミア微妙という空気がありました。それにAdobeはサブスクリプションになりましたからね。
  • final cut proはapple開発のため、買い切りはいいですがmacしか使えません。
  • PowerDirectorを開発するサイバーリンクは台湾の会社です。個人利用はいいのですが、商用利用はやや消極的かも。
  • filmoraは初心者には扱いやすいソフトです。サブスクリプションより永久買い切り版がよいでしょう。商用利用可能です。1万ぐらいで買えます。エフェクトや切り替えのトランジションも豊富、YouTubeレベルならこれかな
  • DaVinci Resolve (ダビンチ・リゾルブ) はブラックマジックデザインが開発、オーストラリアの会社で興味を持ちました。アメリカのほか日本にもオフイスを構えています。無料版と買い切りがあります。買い切りも個人で手がでない価格ではありません。4.5万円ぐらいします。Mac、Win対応、商用利用可能です。映画やCMレベルならこれかな

個人的に動画編集ソフトは毎日はもちろん毎月使わないのでサブスクリプションは避けるようにしています。

初心者の人はfilmoraがよいでしょう。filmoraはどちらかというと家庭向けというか初心者が簡単に動作を作成できるソフトです。格安で使いたい人もfilmoraが向いています

Filmora

個人的には玄人向けのソフトが好みなのでDaVinci Resolveを使っています。ただ、情報が少ないためどちらかというとITが得意な人向け、プロを目指す人はDaVinci Resolveがいいでしょう。

DaVinci Resolveの購入はAmazonで安い!?

DaVinci Resolveは無料で基本的な編集ができますが機能が足りない場合は有料版を購入しましょう。

アマゾンが安いです。最新版の購入がおすすめです。

Blackmagic Design
¥46,971 (2022/11/01 15:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

DaVinci Resolve動画講座でUdemyでおすすめなのは?

filmora、DaVinci Resolve、Premiere ProはUmdeyで解説動画がでています。とくにfilmora、とPremiere Proは多いです。

興味がある方はキーワード検索してみるとよいでしょう。

DaVinci Resolveも数は少ないですが、一応動画がでています。

Udemy

最初、Udemyには次の講座を購入しましたよ。実際にみたところ、かなり説明がわかりやすい動画なのでおすすめですよ。

Premiere Proユーザー必見!Davinci Resolve 15でプロ並みの動画を作ろう!超入門編

他にもいくつかでているため、そちらにしてもいいかもしれませんが、このかたは映像クリエイターで動画編集の講座を多数だしています。

他のソフトがいい人もだいたい講座はあるためUdemyをのぞいてみるとよいでしょう。

Udemy

DaVinci Resolveのおすすめ本・書籍

DaVinci Resolveの本はいくつか評判がよい本が販売されていますが、動画なので個人的に動画学習がいよいだろうということでUdemyで学習しました。

著:阿部 信行
¥3,971 (2022/11/01 15:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デザインのUdemyおすすめ講座

別記事にあります。

プログラミングのUdemyのおすすめコース

別記事にあります。

スポンサーリンク

DaVinci Resolveの使い方

ここからは使い方です。個人的な覚書をかねています。

DaVinci Resolve 16の推奨環境は次のとおり。

macOS 10.13.6 High Sierra以上
Windows 10
CentOS 7.3

macでダヴィンチリゾルブのプロジェクト保存先を変更

Davinci Resolve > 環境設定 > メディアのストレージ

ダヴィンチリゾルブのリサイズ

全体を変えたい場合は以下のとおり。

デフォルトは右下の歯車アイコン > イメージスケーリング > 入力スケーリング

デフォルトの[ 最長辺をマッチ:黒帯を挿入(英語版はScale Entire Image to Fit) ]のまま・要は横長のままにします。

あまり使いませんが、個別に変えたい場合は以下のとおり。

[ エディタ ]モード > 画面右上の[インスペクタ] > リタイム&スケーリング > スケーリング

クリップ(crop):そのままのサイズ。切れます。
フィット(fit):長辺をあわせる
フィル(till):短編をあわせる
ストレッチ(stretch):縦横比を無理やりすがめてあわせる。基本的に使わない。

プロジェクト設定はプロジェクトの設定がそのまま適応されます。

基本的にプロモーション映像はすべて同じサイズの素材を用意した方がよいです。
ソフトウェアの説明などサイズがやむえず違う場合は黒帯が入るでやむなしですかね。つまりデフォルトの設定でよしです。

全体であわせておいいて、必要に応じて個別を変えるイメージですかね。

ダヴィンチリゾルブのタイムラインを追加(複数もてる)

[ エディタ ]モード > タイムラインのウィンドウ画面左上の[タイムライン表示オプション] > タイムライン表示オプションの[スタック表示] > [+]ボタンが表示されるので押すとタイムラインが追加できる。

ダヴィンチリゾルブの書き出し

Youtubeなどのタブがありますが、どれを選んでも拡張子やコーデックは選ぶことができます。

大事なのは、

googleが推奨するmp4にすること
h265にすること

あと、youtubeのタブは直接youtubeと連携できるようです。

画質、コーデック、ビットレート。

レンダキューから右クリック[ finderの表示 ]をするまでなぜか出力ファイルが表示されないようです。

H.264とH.265では、どちらの方が容量を多く食いますか? - また、画質に差はありますか? - Yahoo!知恵袋
H.264とH.265では、どちらの方が容量を多く食いますか? また、画質に差はありますか? 容量を決めるのはビットレートです。形式やコーデックは関係ありません。H265はH264の二倍の圧縮率があるのでH264の半分のビットレートでH264と同等の画質になります。半分のビットレートで画質が同等なのでその点を考えればH...

ビットレートの確認方法

Quick Timeの場合は次のとおりです。

ウィンドウ > ムービーインスペクタの表示

データレートという項目です。もちろん撮影時以上にビットレートをあげることはできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました