クリスタやaffinityのレイヤー効果(文字を光らせる)おすすめ本あり

アート

レイヤー効果まとめです。クリスタ、affinity、photoshopと持っていますが、レイヤー効果に限っていえば、やっぱりフォトショ(Photoshop)が1番使いやすいです。

クリスタ(CLIP STUDIO PAINT)やaffinityのレイヤー効果

クリスタで文字やベクターを光らせる

Photoshopのようにレイヤー効果はありません。ガウスぼかしするには、ラスターレイヤーにしないとダメ。

次のようなレイヤー構造だとっぽくなる。

  1. ガウスぼかし+ スクリーン(基本的にあるとだいぶ変わる)
  2. ガウスぼかし+ 加算(色見も少し白く)
  3. ガウスぼかし + オーバーレイ(あってもなくても。周りに色があると印象が広がるかも)
  4. ガウスぼかし + スクリーン(あってもなくても)
  5. 元データ通常(ベクターや文字)
  6. ガウスぼかし(あってもなくても)

カウスぼかしは弱いぼかしと強いぼかし2種類用意しても面白いです。

さらに透明度など微調整を繰り返します。Photoshopより結構面倒です。

グラデーションも格好いい。全部光らせるかグラデの部分だけ光らせるか。

affinity photoやaffinity designerの調整レイヤーで光らせる

クリックエフェクトパネルとレイヤーエフェクトパネル(Photoshopと似たやつ)があります。どちらを利用してもよいようです。というか連携してますので片方を変更すると片方に反映されます。

レイヤーパレットのFXを使ってみます。

  • レイヤーパレットのFX > 内側の光彩
  • レイヤーパレットのFX > 外側の光彩
  • レイヤーパレットのFX > ぼかしのガウス

レイヤー効果はありますけど、Photoshopの方がよいですね。

差し込む光など画面全体のエフェクトは調整レイヤーから行います。

明度、彩度、色相の調整は調整 > リカラーからできます。

調整レイヤーをマスクするには[消去ブラシツール][ペイントブラシツール]。さらにはレイヤーを右クリックの[マスク微調整]でぼかすことができます。affinity designerの場合、デザインペルソナではなくピクセルペルソナなので注意してください。

また、アフィニティはlight系の有料アドオンがでているようです。

  • Light Artefacts by Martins Ribeiro
  • Xenon Brush Pack Bundle(ラスターブラシのよう)

光やエフェクトのおすすめ本

基本は光の知識が必要になるため、カラー&ライトがおすすめですね。

著:ジェームス・ガーニー(James Gurney), 編集:平谷 早苗, 翻訳:株式会社Bスプラウト
¥4,180 (2022/12/15 15:07時点 | Amazon調べ)

この方、エフェクトの本も執筆しているんですね。

著:天領寺セナ
¥231 (2022/08/15 03:44時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

レイヤー効果はクリスタやaffinityよりPhotoshopの方が上手

Photoshopのレイヤ効果は簡単にぼかしもいれられません。

やはりプロの人はフォトショ使っている人が多いですね。

著:ア・メリカ
¥2,178 (2022/12/15 15:46時点 | Amazon調べ)

正直なところ、あまりクリスタでレイヤー効果をつけたくありません。余裕がある人はPhotoshopを導入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました