【動画などの料金比較】シャッターストックとPIXTAとadobestockの比較【どっち!?】

アート

PIXTA(ピクスタ)とShutterstock(シャッターストック)とadobe stockの比較していきます。

PIXTA(ピクスタ)とShutterstock(シャッターストック)とadobe stockの比較、どっち!?

AdobeStockは3点プランがありますが、Shutterstock(シャッターストック)は最低10点プランです。

AdobeStock

AdobeStockよりも、Shutterstock(シャッターストック)の方が素材数は多いですが料金は高め。写真はAdobeStockがいいかもしれません。

PIXTAは日本のピクスタ株式会社が運営しているため、日本人の素材ならPIXTAでしょう。

  • 素材数は素材を6,950万点以上
  • 商用OK!
  • 1点から購入できるが定額プランがお得。
  • 全素材ロイヤリティフリーなので、様々な案件で使い回しができます!
  • 支払い方法はクレジットカード、PayPal、コンビニ、銀行振込、法人向けに請求書払い

特徴を書きましたが、結局は自分のお目当の写真があるかがすべてだという気がします。どうしてもほしい素材があるのなら、料金はさておきそのサイトになりがちです。どのサイトも探してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

Shutterstock(シャッターストック)の動画の料金

どっち!?ShutterstockとAdobeStockのPIXTAの動画比較

動画は少々事情が変わってきます。

動画クリエイターでもない限り、動画をたくさん買う人は稀な気がします。

というわけで最小プランをみてみます。

Shutterstockは1ヵ月単位の継続なしだと、5点20788円。AdobeStockは2点16000円ぐらいなので安いと言えます。

AdobeStock

また、SD、HD、4Kの料金は以前別れていましたが、今は一緒のプランができたようです。AdobeStockはHDと4Kは料金が違い、倍以上の値段になります。

小手先のテクニックですが、AdobeStockでよい動画を見つけたら、キーワードに加えて寄稿者に同じ名前を入れると同じ動画が見つかる場合があります。

PIXTAは単品購入web用は1,650円とお安めですが4kは2万円近くして高いです。。でも、動画3点/月プランにすると4k動画も同じ値段で買えます。何より日本が運営しているため違う動画があります。

PIXTA

1本あたりの動画の値段を考えた場合、ShutterstockとPIXTAが格安です。

スポンサーリンク

Shutterstock(シャッターストック)の料金体系

Shutterstockの単品プランは!?

純粋な単品購入もできるようです。ためしにカートにいれたらできました。

ただ高いですね。他のプランにしてほしいのでしょう。

Shutterstock のオンデマンドはおすすめできない!?

期間は1年であるものの、サイズごとに価格が変わりますし、料金も高いですね。

Shutterstock FLEX 25定額プランがおすすめ!?

価格もリーズナブルで個人向けなのでよさそうですね。

25クレジットを取得して、1か月あたり最大で25点の画像、3点の動画、または6点の楽曲をダウンロードしましょう。 画像1点=1クレジット、動画クリップ1点=8クレジット、音楽素材1点=4クレジット

https://www.shutterstock.com/ja/explore/flex-subscriptions

サイズが気になったため、もう少し深掘り調査をしました。

FLEXには、画像のサイズや動画の解像度に制限はありませんが、現在、Selectの動画とPremiumBeatの音楽は除外されています。毎月のクレジット割当数は翌月に繰り越すことができず、未使用分は有効期限切れとなります。クレジットを使用して行われたダウンロードは返金できません。そのため、月末にクレジットがわずかに残っている場合は、月末までに1クレジットの画像をダウンロードしてクレジットを使い切るようにしましょう。月が終わる前にクレジットが足りなくなった場合は、画像または動画クリップのオンデマンドパックを追加できます。

https://support.shutterstock.com/s/article/What-is-a-Shutterstock-FLEX-subscription-with-credits?language=ja

Shutterstock Selectとは何なのでしょう。8Kの動画ぽいですね。

どうやら2021年にできたプランのようですね。

スポンサーリンク

動画販売の審査

動画販売もできます。売れそうな動画があったらだしてみるのもいいかもという気がしました。

Pond5、iStock、PIXTA、Shutterstock、Adobestock

スポンサーリンク

PIXTAとShutterstockとadobestockの公式サイト

AdobeStock

以下、Fotolia(現adobe stock)の過去記事です。

(旧記事)Fotolia(フォトリア)が2019年終了 Fotoliaからのadobe stock(アドビストック)に移行する前に?

旧記事も一応残しておきます。

長らくお世話になったFotolia(フォトリア)ですが、2019年に終了することになりました。

photoshopなどで有名なアドビは2014年12月にFotoliaを買収しました。そのあと「Adobe Creative Cloud」にFotoliaを統合する流れになっていました。

現在、急ぎでfotoliaからadobe stockに移行する準備を進めています。

移行自体は簡単なのでしょうが、移行する前にお買い物かなっと。

fotoliaよりadobe stockの方が高いですね。

adobe stockは1番安いプランの場合、単品で約1200円、もしくは1枚単価348円=10枚3480円/月。

対するFotoliaは、料金プランをすでに目立たなくなるように対策されている気もするけど、、、、、

M画像50点9000円 9000÷50=180円
M画像100点12000円 12000÷100=120円

adobe stockは公式サイトにいくと100点プランはないようです。40点は237円なのですが、次はなんと750点なのですよね。750点もいらないし、選んでいる暇がない。。

adobe stockはサイズが関係ないようなので、大きな画像は割安になるため印刷物にはいいでしょう。しかし、ブロガーがアイキャッチ画像の用途で使うのに、そこまでサイズが必要なくM画像でOKです。

つまるところ、移行前にクレジットを全部使い切って、うーん、ほしいアイキャッチ画像は全部買おうとぼんやりとそんなことを考えています。。

選ぶのに結構時間がかかるため、早めに決めた方がいいかもですね。

Fotolia(フォトリア)の中の人に移管のことを聞く

疑問があったため、Fotolia(フォトリア)の中の人に移管のことについていろいろと聞きました。

①今あるマイクレジットはどうなりますか?使いきった後、移行する必要がありますか?
今あるクレジットは、フォトリアのサービス終了とともに失効します。移管が完了しますと、有効期限がAdobe Stockにて移行日より6ヶ月延長され、お客様のFotoliaクレジットは5:1のレートで換算され、Adobe Stockで1クレジット1通常ライセンス、8クレジットでHD動画などをダウンロードしていただける状態となります。
1.1 Fotolia クレジットの移管
この特典の一部として移管した 5 Fotolia クレジットが 1 Adobe Stock クレジットに変換されますhttps://stock.adobe.com/jp/fotolia/transfer/terms

②クレジットが移行される場合、期間などの縛りはありますか?
クレジットの有効期限は、Adobe Stockにて移行日より6ヶ月となります。

③メッセージの送受信履歴は移行されますか?
メッセージや受信ボックスの内容は移行されません。

④adobe stockに移行後、Fotoliaに戻すことはできますか?
残念ながら移管を取り消すことはできません。

⑤Fotoliaでみると、adobe stockは初月無料のようですが、移行後に初月無料で使うことはできますか?
移管後は初月無料のプランは適用されず、通常料金の33%の料金でプランをご購入いただけます。

⑥ライトボックスはカテゴリ分けも含めてすべて移行されると思っていますが、間違えないでしょうか?
ライトボックスの内容は、フォルダーも含め全てライブラリへ移行されます。

⑦最後にFotoliaでマンスリープランに契約するかもしれません。契約中は移行できないのでしょうか?
フォトリアのプランが有効な状態で移管を行いますと、2倍の数のダウンロード数を移行することができます。

以上の回答を得て、もうしばらくフォトリアを使ったのち、引っ越ししようと思っています。

Fotolia(フォトリア)の単品(オンデマンド)と定期契約(ディリーとマンスリー)の違い

単品契約は1枚ずつやるので、若干面倒です。解像度が高くなるほど割高になります。電子書籍の表紙に使うなら単品契約もありですかね。アイキャッチ画像を探す場合は、1ヵ月ぐらいまとめて契約した方が手っ取り早いです。

とくに定期契約はサイズを問わず、一定の料金でダウンロードできます。Mサイズは倍ダウンロードできるように変更になり、さらに利用しやすくなりました。ブログのアイキャッチならMサイズでサイズ的にOKでしょう。

サイズは写真家によってもまちまちですが、だいたいXXLサイズがありますね。もちろん、購入する前にどのサイズがあるのかは確認できます。

定期契約は、ディリーとマンスリー契約がありますが、個人で使うなら、マンスリー契約で十分ですかね。ディリーは毎日ダウンロードしなきゃいけないのが面倒臭いです。個人でブログのアイキャッチ用途にで使うのなら、マンスリーで50-100枚ぐらいダウンロードすると結構満足します。

Fotolia(フォトリア)に決めた2つ理由

Fotolia(フォトリア)に決めた理由は、他の写真サイトと比較してもかなり値段がかなり安いからです。
画像は使い回しもできますから、毎月はいりませんし、たまにならいいのかなと

もうひとつの理由は画像が豊富なことです。いくつかのキーワードで検索すれば大抵の画像はあります。

Fotolia(フォトリア)の写真の選び方

写真の選び方にはコツがあります。人気順にソートすると、わりと日本人の写真やイラストがでてきます。ダウンロード数順ににソートすると、海外発なので、やはり登録日が早い海外のものが多く表示されます。

個人的にはダウンロード順の方がほしい写真が見つかります。

よい写真が見つかったら、その作者のポートフォリオを確認するとよいです。同じ著者の似たような写真がある場合が少なくありませんし、大抵、好みの写真が撮影できる写真家さんは、他の写真も好みということがよくあります。トリミングの仕方を変えただけのもの、イラストの組み合わせを変えたものなどが、よくあります。

たとえば、少し引いた写真を購入した方が、後から加工する際に融通が聞きやすいです。

Fotolia(フォトリア)のクレジット表記

Webのアイキャッチなら問題ありませんが、Kindleなどの電子書籍の場合、クレジットする必要があります。

FAQ -Fotoliaの写真を使用する際、コピーライト情報を記載する必要がありますか? – FOTOLIA/フォトリア

ウェブサイトや文書内へのコピーライト情報(著作権表示)の記載は必須ではありませんが、表示してもらえるとありがたいです。 出版物、エディトリアル(出版、報道)としての利用、例えば新聞や雑誌の記事等、またインターネット上のニュース記事、電子書籍、またテレビの報道番組やドキュメンタリー、情報番組等では、コピーライト情報は必須になります。

コピーライト情報の表記形式は: © 作者名 – Fotolia.com です。

場所はどこでもかまいません。本だったら発行日とか書くとところに一緒に記載ですかね。文字のサイズや色も関係ありません、と前に利用した際に、Fotoliaさんのサポートがそう言っていました。

デザイン的に綺麗におさまりますかね。

Fotoliaのサポートは結構返事が早いので、わからないときがあれば、大抵、当日中に返事があります。

Fotolia(フォトリア)のJCBの支払い

Visaではなく、JCBのカードで購入しようとすると、なぜかPaypalにつながります。
Paypalを通してJCBの引き落とししかできないそうです。。
Fotoliaの中のひとからそう聞きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました