firebaseでnuxtの開発環境と本番環境を分ける(複数プロジェクト運用)

おすすめのオンラインプログラミング学習

firebase複数プロジェクト運用の覚書です。

firebaseでnuxtの開発環境と本番環境を分ける(複数プロジェクト運用)

deploy時に開発環境と本番環境を分ける必要性を感じる人もいるでしょう。

いくつかのルートがありますが、firebaseの左上(サイドバーではない)の方にプロジェクト名が表示されています。

クリック > プロジェクトを追加

以下手順です。

プロジェクト名 xxx-prod(任意の名前でOKですが、本番環境のためproductionの略語。もしくはリリースとかかな)

プロジェクトIDも鉛筆マークから編集できます。任意のIDがデフォルトですが、-を使うと-以降の文字列になってくれます。

続行

Google アナリティクス(Firebase プロジェクト向け) このプロジェクトで Google アナリティクスを有効にする 推奨

続行

Google アナリティクスの構成
アナリティクスはdevと一緒でいいため使いまわします。わけてもOKです。WordPressなどのWebサイトを運営している場合、googleのアカウントがwebと共通だとwebのものもでてきます。

ここまででfirebaseの作業は一旦終了。DBの作成などはもちろん必要ですが、一旦割愛してVS Codeのターミナルに戻ります。

現在のプロジェクトを確認

firebase projects:list

firebasercに追加。

firebase use --add
? Which project do you want to add? (Use arrow keys)
? Which project do you want to add? xxx-prod
? What alias do you want to use for this project? (e.g. staging) production

firebasercを確認すると、追記されてます。

{
  "projects": {
    "default": "xxx-dev",
    "production": "xxx-prod"
  }
}

なお、後から気づいたのですがfirebase use –addは使わず直接編集で問題ないようです。プロジェクトIDさえあっていればdefaultからdevに切り替えても大丈夫です。releaseに変えてもいいですが、プロジェクトIDも変えたい場合、新規作成しなおさなければなりません。個人的にはreleaseが好きなのでreleaseにしました。

{
  "projects": {
    "dev": "xxx-dev(プロジェクトID)",
    "staging": "xxx-staging(プロジェクトID)"
    "release": "xxx-release(プロジェクトID)"
  }
}

プロジェクトは追加されたものに、切り替わります。

追加されたプロジェクトを確認

firebase projects:list

開発環境に戻す場合は以下です。

firebase use xxx-dev(プロジェクトID)

firebaseでプロジェクト名やプロジェクトIDを変更

プロジェクト名の変更は次のとおりです。

プロジェクト概要の[歯車アイコン] > プロジェクトを設定 > プロジェクト名の[鉛筆アイコン]

なお、プロジェクトIDは変更できません。

ターミナルからは次のコマンドで変更を確認できます。

firebase projects:list

firebaseでプロジェクトを削除

プロジェクト概要の[歯車アイコン] > プロジェクトを削除(下の方にスクロール) > プロジェクトの削除

firebaseでプロジェクトの上限数

3つ目のプロジェクトを作成する際に下記の警告がでていて上限数があることを知りました。

あと 3 個のプロジェクトでプロジェクト数の上限に達します。既存のプロジェクトに Firebase を追加するか、上限の引き上げをリクエストすることを検討してください。

上限数は5つのようです。。増やすようリクエストできます。

人気記事  安いオンラインプログラミングスクールおすすめ比較
  • 無料体験あり、オンライン完結あり
  • プログラミングスクールはオンラインで格安に!
  • 電子書籍並みの価格で買える動画学習サイトも一緒に紹介!初心者から上級者向け英語コンテンツまであり。ソースコードは言語関係なしに世界共通!
スポンサーリンク
おすすめのオンラインプログラミング学習
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました