Affinity Designer(アフィニティデザイナー)の書き出し(エクスポート)(ai/psd/png/eps/pdf/svg/互換性)

アート

Affinity Designerの書き出しについてまとめます。

Mac版は書き出しなのですが、Windowsはエクスポートです(両方持ちです)。翻訳が違う!?。。

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)の読み込み(ai/psd/png/eps/pdf/svg/互換性)

png, svgの読み込み

ファイル > 配置

もしくはツールバーの

画像配置ツール

クリックしないと配置されないので、注意です。配置したら選択してサイズを整えます。

さらにドラックアンドドロップでもいけるようです。

配置後にサイズ調整の流れが多そうですが、macの場合、シフトキーではなく、altキーが縦横固定のようです。

スポンサーリンク

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)の書き出し(エクスポート)(ai/psd/png/eps/pdf/svg/互換性)

psd、png、eps、pdf、svgなどいろいろ試しました。

Affinity Designer → クリスタ(clip studio paint)

Affinity Designer:ファイル > 書き出し > SVG > 書き出し

ただし、ブラシを適用したデータは、うまくいきません!一度、普通の線に戻す必要があります。

画面上部の線のメニュー > スタイル

ブラシを適用した線を書き出したければpngに。。

Affinity Designerはsvgでエクスポートします。svgは拡大縮小しても劣化しないデータです。

クリスタ:ファイル > 読み込み > ベクター

この読み込みでベクターレイヤーで読み込まれます。簡単なデータでしたが、点の数は変わっていないようです。

バージョンによりコマンドがない場合があります。個人的にWindowsでみたらそんなコマンドがなく、Macでみたらありました。セシルスさんは片方だけのっけることはしないでしょうから、おそらくバージョン違いでしょうね。

バージョンはこのあたりで判断を!

なお、注意点としては塗りは非対応のようです。

PhotoshopはSVGが読み込めないため、Photoshopで文字入れだけしてクリスタに最終的なデータをまとめるのがいいかなと個人的に思っています。用途によるのでしょうけど。

クリスタ → Affinity Designer

1枚のベクターレイヤーの場合、

ファイル > ベクター書き出し

(こちらは未検証です)

バージョンによりコマンドがない場合があります。

全部の場合はPSDに書き出して読み込む。ただし、次のようになりました。

  • フォントはラスタライズされました。
  • ガイドは消えました。
  • ベクター線もピクセル化されました。

見た目はそのままだけどクリスタ系の機能は全部消えたってことかな。。

Affinity Designer → photoshop

レイヤー1枚なら、あらかじめサイズを調整し、透過PNGで書き出すとかですかね。

Pdfも読み込めました。

PSDはレイヤーは保持できますけど、パスは一応残っていたけど、使いにくいです。。(PhotoshopはCS6なのでCCはわからないです)

epsで書き出すと、選択はラスタライズする一択になりますかね(Photoshop CCはもっといろいろ選べるはずです。CS6なので)

PSDの書き出しでも、フォントもラスタライズされるため使いにくいいです(読み込みは平気です)。

photoshop(png/psd) → Affinity Designer

pngで書き出して、Affinity Designerで配置するような感じが多いですかね。png読み込みの項をみてください。

PSDの読み込みも精度が高いです。ガイドも移植されていました。ただ、スマートオブジェクトがまとめてピクセルに変換されるようです。

フォントはラスタライズされず残っていました。

文字のアウトライン化(SVGのエクスポートは必須)

文字を選択ののち、

レイヤー > カーブに変換

SVGのエクスポートはアウトライン化しないとフォントが変わるので注意!

epsとai

aiは残念ながらadobeがフォーマットを公開していないようです。読み込みはできますが、aiでは保存できません。個人的にaiは素材を読み込む以外使わないのでOKですけど。

イラレで持っていく場合、こんなフローになるようです。

epsはレイヤーの概念がないようです。pdfなんてあるんですね。

MacとWindowsの互換性

MacのデータをWindowsで開いたら文字が上に全体的にずれました。ずれないものもありました。

詳しくは調査していないけど覚書程度で。

複数のファイル形式(拡張子)で同時書き出し

書き出しペルソナ > [スライス]のタブ > [+]のアイコン > ファイル名を設定する(拡張子を分ける場合は同じ名前でOKです) > スライスを書き出し

PNGとSVGの両方を書き出したい場合、便利です。

アートボードを一括書き出し

これは簡単で便利!

書き出しペルソナ > [スライス]のタブ > スライスを書き出し

保存フォルダを選択して書き出し。

補足するとデフォルトで全選択されているはずだけど、選択されていないアートボードは書き出されません。

パーツごとにエクスポート

アートボードすべてではなく、一部のパーツごとに書き出したい場合があります。プログラミングやアニメーションが絡むものはそういう素材になりがちです。

書き出しペルソナ > オブジェクトを選択 > 右クリックして[スライスを作成]

スライスの単位はグループ化すると変わるようです。

できたスライスはもちろん一括でかきだせますが、スライスを開いて[アップロードのアイコン]みたいなのをクリックすると個別に書き出せます。

ファイル名も書き出す前につけることができます。

なお、スライスは削除しても元データには影響はないようです。デザインペルソナに移動して元データを確認したところ、残っていました(まあそうじゃなかったらおかしな仕様なんだけど…)。

スポンサーリンク

Affinity DesignerやPhotoの設定ファイルがある場所

購入したストアによって若干、違うようです。

macはmac storeと公式で販売。公式で購入しました。mac sroreのパスは引用先を確認してください。

Affinity Store version:
Affinity Photo: ~/Library/Application Support/Affinity Photo/user/
Affinity Designer: ~/Library/Application Support/Affinity Designer/user/
Affinity Publisher: ~/Library/Application Support/Affinity Publisher/user/

https://forum.affinity.serif.com/index.php?/topic/118759-where-are-settings-and-file-sets-stored/

windowsはマイクロソフトストアと公式で販売。マイクロソフトストアのセールで購入しました。

Affinity Store version:
Affinity Photo: %appdata%\Affinity\Photo\1.0\user\
Affinity Designer: %appdata%\Affinity\Designer\1.0\user\
Affinity Publisher: %appdata%\Affinity\Publisher\1.0\user\

Microsoft Store version:
Affinity Photo: %appdata%\Affinity\Photo\1.0 (Store)\user\
Affinity Designer: %appdata%\Affinity\Designer\1.0 (Store)\user\
Affinity Publisher: %appdata%\Affinity\Publisher\1.0 (Store)\user\

https://forum.affinity.serif.com/index.php?/topic/118759-where-are-settings-and-file-sets-stored/

なお詳しくは調べていませんが、初期状態ではフォルダが生成されていない場合があるようです。

また、sync(同期)等するシステムは今はないようです。

スポンサーリンク

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)の書き出しバグ?

svgの透明のグラデーションが抜けない

覚書程度にめも。

徐々に透明になるグラデーションのみ透明に抜けず白になります。もともと透明のところは問題ない。

Affinity Designerの問題かSVGの問題か検証が必要ですが、SVGは透過グラデーションには対応している模様。応急処置として問題がないPngを割り当てました。

スポンサーリンク

Affinity Designerの類似ソフト比較

採用せずのグラフィックソフト

類似ソフト比較と各々のソフトを採用しなかった理由。

イラストレーター:たまにしか使わないのに月額は面倒(脱Adobe)

Vectornator:作られるデータに少し不満があり。よいところは無料です。

Autodesk Graphic:オートデスクは3DソフトMayaなどで有名な会社ですね。会社としては信頼感はあるのですけど、開発が停滞しているツイートを拝見したのと、Affinity Designerの方が情報が多かったので

パス系はAffinity Designerに絞りました。

採用したグラフィックソフト

バリバリのグラフィックデザイナーはAdobe Illustratorを契約した方がいいかもですけど、そうじゃなければパスツールはAffinity Designerだけあれば大丈夫な気がします。

ただフォントやお絵描き面では他のソフトウェアがあると便利です。

canva:アイキャッチ画像やインスタはこっちの方が早い。スーラや筑紫などフォントワークス のフォントも使える。無料〜

クリスタ:やっぱりパス系ソフトだけではなく、お絵描きソフトは必要。5000円〜

上位版は漫画家の定番のソフトです。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました