DaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)無料版のデメリット!フィモーラ(Filmora)やAdobeと比較!仕事依頼は少ない!?

映像編集・動画制作

ダヴィンチリゾルブの覚書です。もともとずっとAdobeユーザーでしたし、フィモーラなど他の映像編集ソフトも使ったことあるので比較して書いていきます。

めもをかねて実際の作業tipsを交えて紹介しています。

DaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブのメリット)

DaVinci ResolveとFilmoraの比較(DaVinci Resolveの利点)

Filmoraと比較すると、DaVinci Resolveは次の3点が大きなメリットです。このあたりがFilmoraが初心者向けといわれる理由なのでしょうね。

  • フォントワークスのフォントが使えるようになった(フォントワークスは商用利用でたぶん最も利用されているフォント)
  • アルファつき透過PNG連番可(3DCGや2Dアニメーションソフトと連携を考える人は気になるところ)
  • FilmoraがAfter effectsに変わるものがない。

DaVinci Resolveも最近はテンプレートなどを販売されているようです。

連番ファイルの読み込み・透過PNGの書き出し(DaVinci ResolveとFilmoraの比較)

中級者レベルになるかもですが、個人的に必要な項目なので、調べたところできるようです。

やり方は次のとおりです。実際にやったらこれでできました。

  1. 透過Pngのデータをタイムラインに適当に配置しておく
  2. Fusionのタブを開く
  3. ノードの最後に[セイバーを追加する]
  4. Shift +スペースのショートカットでウィンドウを開く
  5. [セイバー]と検索するとセイバー(SV)があるので追加する
  6. セイバーのInspectorで[ブラウズ]を押して、書き出すPNGの保存先を決める
  7. anime.pngみたいな名前をつける
  8. nodeの最後がanime.pngに変わる
  9. Fusion > すべてのセイバーをレンダー
  10. 保存先のフォルダをみると、エクスポートが完了しています

なお、別の映像編集ソフトFilmoraも一応調べたのですが、インポートはできるものの問題がありそうです。

・フォルダは2000単位で分けて読み込み
・4000枚を超えると重くなる
・6000枚を超えると落ちだす

https://signyamo.blog/filmora_-serial-number/#toc3

エクスポートはできないっぽい。

ダヴィンチリゾルブのフォントワークス(letsやmojimo)問題の解決方法!フィモーラは解決できない!?

ダヴィンチリゾルブ・フィモーラのフォントワークスが表示できない問題
ダヴィンチリゾルブでフォントワークスLetsが表示できました!

Filmoraもダヴィンチリゾルブもフォントワークスのフォントが表示されない問題がありました。

個人的にはletsを使っているのですが、mojimoも同様です。

残念ながらFilmora12に変えてもこの問題は解決できていませんでしたね。

Adobeは昔からしっかりと表示できるためしっかりとしていますね。

ダヴィンチリゾルブはいくつか回避策はありそうですが、

ただ、次のツイートを見つけました。

DaVinci Resolve18に乗り換えたらフォントワークスのフォントが表示できるようになりました。

スポンサーリンク

DaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)のデメリット

無料版のデメリット

違いはいろいろあるのですが、特に気になるところはここですかね。

  • 60fpsまでです。スローモーションなどを使いたいときはfpsが高い素材が必要です。
  • サポートがありません。

あと、マスクとかもあった気がします。

DaVinci ResolveとFilmoraの比較(Filmoraの利点)

フィモーラにあってダヴィンチリゾルブにない機能もあります。

  • PC画面撮影
  • ボイスチェンジャー
  • 自動字幕起こし
  • 豊富なテンプレート(専用サービスfilmstockがある)

意外とフィモーラは音声がらみが充実していますね。フィモーラは安いので、両方もっていてもいいかもです。PC画面撮影も意外を使えるし、ボイスチェンジャーも環境音を反映させたり、ロボットや女声などに変えられるので面白いです。

DaVinci ResolveとAfter effectsの比較(AEの方が優秀!?)

長くなりましたので、別記事にしました。davinci resolve fusionでどこまで作業できるのかチャレンジしましたが、やっぱAEの方が上手ですかね。

プロジェクトファイルの保存先(Adobeの利点)

DaVinci Resolveのプロジェクトファイルってちょっとややこいのですよね。。

C:\Users\username\AppData\Roaming\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Resolve Project Library
C:\Users\username\AppData\Roaming\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Resolve Project Library\Resolve Projects\Users\guest\Projects

起動 > プロジェクトライブラリ > 詳細 > ファイルロケーションを開く

このパスは初期時に変更できます。個人的にはDropbox内に含めるようにしています。

Adobeと比べるとプロジェクトファイルの扱いがややわかりにくいのです。

Adobe製品を安く買う方法はこちらです。

DaVinci ResolveとAdobe Premiere proの比較!仕事依頼は少ない!?

DaVinci Resolveは映像編集ソフトとしては決して劣っていません。

ただ、、

仕事を獲得したい場合はプレミアProも視野に入るかもしれません。Adobe製品を安く買う方法はこちら!プレミアproは1991年からの歴史があり、企業もすぐには変わるわけでありませんので。。

DaVinci Resolveもバックアップの手段はありましたが、クライアントがプレミアProを指定することが多いということでしょう。

個人的には受注仕事は予定ないため、DaVinci Resolveを使っています。

スポンサーリンク
映像編集・動画制作
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました