Affinity Designerの使い方(書き出し設定/クリスタとのベクターデータ連携)

アート

Affinity Designerを導入しました。

UIはクリスタよりわかりやすく迷うことがありませんでした。数時間で実作業レベルまで使えるようになりましたので、解説不要なソフトかもですけど、一応めもしておきます。クリスタとのデータ連携だけは情報がなく若干悩みました。

目次

Affinity Designerとは

イラレみたいなパスを扱えるベクターのグラフィックソフトですね。イギリスのソフトウェア会社のようです。開発会社Serif Europeは1987年設立なので結構老舗みたいです。他にAffinity PhotoとAffinity Publisherがあります。

Serif Europe - Wikipedia

Affinity Designerを導入した経緯

個人的にパスツールは滅多に使わないのですよね。でもたまに使いたくなるときがある。毎日使うならIllustrator CCでもいいのですけど、Illustrator CCは月額のため買い切りのAffinity Designerにしました。

パスは使いやすいですし、イラレやクリスタの対称定規みたいなこともできます。

イラレはCS6を持っているのですけど、CS6はもう進化しません。新しいAffinity Designerがよいと思いました。試用版から試しましたが使い勝手もかなりよいです。

Affinity Designerのライセンス

ライセンスは別々ですが、もともと安いため許容範囲です。Mac、Windows、iPadとでている安心感もあります。

スポンサーリンク

Affinity Designerの使い方

要点のみ簡単に。

パスのハンドルを片方動かす

optionを押しながら

パスの結合・除外

2つパスを選んで

右クリック > ジオメトリ

いろいろあるので、好きな結合方法を選べます。

追加:合体見たい感じ。外枠が残る形。中の線は消える。
除外:2つ目の線により除外される感じ
交差:重なっているところが残る
中マド:重なっているところが消える。あまり使わない
除算:1枚目は重なりが除外、2枚目はもうひとつのカーブの重なりが除外、重なりのレイヤーが追加。あまり使わない
カーブを結合:パスを維持したまま1枚のレイヤーになる

追加と除外がよく使いそうです。やってみた方が早いです。

パスのノードを四角を丸にする

画面上の変換:スムーズのアイコン

ノード(パスのポイント)を削除

他のツールとちょっと違うかも。

ノードツール > ノードを選ぶ(ポイントが白から青なる) > deleteキー

図形をパスに変換

円 > 描く > 右クリック > カーブに変換

塗りつぶしなし

不透明度を左

左右対称

次のコマンドで左右対称になります。

レイヤーを選ぶ
表示 > スタジオ > シンボル > 作成

あとはレイヤーを複製し、配置位置を調整してあげるだけ。

作成したレイヤーを右クリックから複製
レイヤ > 変換 > 左右反転
反対の位置に移動する

点の数調整

個別調整はできますけど、修正は少ない方がいいですよね。

スピーディの方が点が少ないです。

あと、ブラシはスタビライザという機能で綺麗な線がひけます。

ブラシ(デザイナーペルソナとピクセルペルソナ)

デザイナーペルソナ:パスを選んだ状態で、ブラシのタブをクリックしてパスに沿ったブラシ
ピクセルペルソナ:ベクターブラシツール

塗りもカーブで描いていっていいのか、ちょっと疑問でしたが、
こちらの動画では普通に描いていますね

この頃からAffinity Designerを使いこなしていた人いるんですね。いい絵です。

クリスタのベクターレイヤーのブラシは、ハンドルがでませんけど、Affinity Designerはハンドルがでるため、より制御しやすい気がしました。また、線の種類も後から置き換えることができます。クリスタもツールプロパティのブラシ形状からできますけど、Affinity Designerの方がブラシ数は豊富です。

消しゴム

画面左上で[ピクセルモード]のアイコンを押してに切り替える。(デザイナーペルソナでは消しゴムアイコンがない。最初、ちょっと戸惑った)
ツールの内容が変わる。消しごむアイコンを選び消す。

カーブの線の色をまとめて変える

1、レイヤー右クリック > グループ化
2、グループの大元の色を変える

ちなみに個人的に表記はRGB16進数スライダーの方がわかりやすい!

キャンバスのサイズ変更

ファイル > ドキュメント設定 >

再スケール:そのまま拡大される。ベクターデータだからできること
ページに固定:キャンバスの広さが変わる。

ルーラーの単位を変える(%指定は?)

左上のpx(単位がpxなら)を右クリック。ただ、こちらから単位を%にできないのが残念。

表示 > ガイドマネージャー

からなら%指定でガイドをひくことができます。

ズーム

ズームはクリスタと同じドラック&ドロップ

透過png

ファイル > ドキュメント設定 > カラーのタブ > 透明な背景

ベクターのレイヤーマスクの作り方

1、図形で円を描く
2、円をドラックアンドドロップして、円を入れ子にしてあげるとマスクが適用される

言語を変える

時々、英語にしたいときがあるかもしれません。

Affinity Designer > 環境設定 > 言語

ベベルとエンボス

使ってみましたけど、Photoshopの方がよいです…。。Photoshopの記事はこちら!

カーニング

……Photoshopを使っています…。。

和文対応されたら考えます。

等角投影は3点透視などの透視図法にサポートされている?

表示 > スタジオ > 等角投影

という機能があります。

透視図法にサポートされているかは、ヘルプに記載されていました。

等角投影をはじめとする軸測グリッドは、本質的に平行投影です。つまり、グリッドラインが透視投影のように消失点に収束することは決してありません。Affinityでは透視投影がサポートされていません。

Affinity Photoヘルプ

ぜひ、サポートしてほしいですね。

他に方法がないか探しました。パースペクティブで有名なLazy Nezumi Proの情報です。

もっていますけど、Macにいれてしまったため、未検証です。

長方形などのシェイプを数字の直打ち調整

表示 > スタジオ> 変形

で、入力ボックスがでます。

アートボードの使い方

アートボードツール(ツールパレットにある) > 画面左上の[アートボードの挿入]

  • ドキュメントはキャンバスと同じサイズのアートボードが作成される。
  • 選択は選択レイヤーと同じサイズのアートボードが作成される。
  • ドラック&ドロップすると任意のサイズ。

アートボードのリサイズ

なお、アートボードを作成すると各々キャンバスのサイズができるため、ファイル > ドキュメント設置からはサイズを変更できません。表示 > スタジオ> 変形からキャンバスごとに直打ちでサイズ調整できます。ドラックでも調整できるけど、この手のものはおそらくきちんとあわせたいと思うので。

リサイズ時にアートボードのツールを選んでいないと子要素まで潰れてしまうことがあるようなので注意しましょう。

アートボードの並べ替えと座標管理

Affinity Designer は左上に持ってきものが、x0y0になるようです。

アートボードもドラックアンド&ドロップで移動して、上揃えや座標の直打ちで並べ換えるのがよさそうです。つまり、普通の整理と一緒ということですね。それ以外の方法は今のところ見当たらず。

アートボード に背景色をつけてまとめてPng書き出し

  1. デザインペルソナから書き出しペルソナにモードを変更します。画面左上の●3つとつなぎがある遺伝子構造みたいなアイコンです。
  2. レイヤーの隣にあるスライスのタブを選択。
  3. スライスの書き出し。

Png書き出しの場合、透明色になります。背景色は書き出す前に、アートボード に個別で背景色をつけると白背景にできますが、一括でやる方法があれば知りたいところです。書き出しオプションのマットの指定は違うようでした。

また、ファイル > 書き出し であれば白背景にできるだけに残念です。こちらは1つのアートボードしか書き出せません。

グリットサイズの変更

表示 > グリットおよび軸マネージャー > 基本 > 間隔

プチコツとしては、キャンバスに対して割り切れるグリットにするとよいです。

グリットにスナップ

画面上にマグネットのアイコンがあります。その右にある▼がスナップの設定です。

もともとからプリセットが用意されています。

[uiデザイン]のプリセットに変更してみると、グリットにスナップにチェックボタンがつくことがわかります。

しかし、[uiデザイン]は他にもいろいろとチェックボタンがついています。

そのため、オリジナルのプリセットを作るとよいです。他のスナップをすべて外します。[uiデザイン]と同じ設定だと、[新規プリセット]がグレーアウトしていますが、設定を変えると[新規プリセット]が作れます。「グリットのみにスナップ」とか適当に名前をつけると完了です。

白ふちの文字

  1. テキストツールで適当に文字を書きます。
  2. 文字を選択の上、アピアランスのタブにある境界線を指定。ptと書かれた部分をクリックします(そこしか当たり判定がありません)
  3. スタイルを[実践スタイル]に。幅を広げます。
  4. 注意事項として順序が[境界線を後方に描画します]になっていなかったら選択します。
  5. カラーはアピアランスのタブにある境界線を指定。今度はドーナツっぽいアイコンを選ぶと色を指定できます。

破線のイメージを調整

  1. [ペンツール]で線を引きます。
  2. 線を破線にする。
  3. その下にある破線の4つのパラメーターが肝です。1.1.0.0 が初期値。

1つ目(プログラム的にいうと1つ目の引数ですかね)が横幅の長さ。1だと正方形。2だと横2縦1の長方形です。2つ目はスペースですね。考え方は一緒です。3つ目と4つ目は使用していないので割愛しますが、もう少し凝った破線を作る場合使うようです。

全体のイメージをグレースケールで確認する

モノクロでイメージを確認したいときってあると思います。

  1. アートボートもしくは全体をまとめるグループを作成します。
  2. トップ(もしくはアートボート)に調整レイヤー > Hsl…をひも付けます。
  3. Hslの彩度のシフト -100%にします。

チェックを外すためで元に戻ります。

文字をアーチ状に配置する2つの方法

わかりやすいです。

  1. 図形もしくはパスを選択する
  2. レイヤー > テキストパスに変換
  3. そのレイヤーで文字をうつ

2つ目の方法も慣れるとすぐわかります。

  1. テキストツールを選択する
  2. 図形もしくはパスにマウスを移動するとTに変化する
  3. 文字をうつ

線、塗り、文字のグラデーション

グラデーションをかける方法はいくつかあるようですが、下記が個人的にわかりやすいです。

オブジェクトを選択 > 境界線 or 塗りつぶし > [ グラデーション ]のタブ > グラデーションを設定

線と塗りの反転は

表示 > スタジオ > スウォッチ

パネルからいけます。他にもあるかももしれません。

文字は右クリックでカーブに変換する必要があるようです。

個別オブジェクトの座標を元に、複数の長方形のサイズを一括で変更する

この方法は知っているか知っていないかで作業効率が大きく変わります。

画面上部の [オブジェクトを別々に変換]をチェックする

だけです。普通、複数選択するとそのトータルの座標が軸になりますが、このチェックをいれると個々の中心座標になります。

ただし、バグなのか最初の1個だけがそうならないことがあるため注意しましょう。1個なのですぐなおせます。

スポンサーリンク

Affinity Designerでロゴ作成

ロゴを作成するのによいソフトだと思います。個人的にもロゴ作成時が導入のきっかけだったんですよね。

Udemyで動画がでていましたよ。初心者さんにはいいかもしれません。

SVG画像が作りやすい

ロゴはSVG画像で生成することが多いように思えます。拡大しても画像が劣化しないからです。

たとえばクリスタはベクターレイヤーしかSVGに書き出せませが、Affinity DesignerはPSDを読み込んですぐSVG画像を作ることもできます。

一度、Affinity DesignerのデータからSVGを作ったら、白い縁が勝手に作られて困ったことがあった。データを確認しても何もない。バグっぽい。。その場合、pngで書き出し、pngを再度開き、SVGに変換したらうまくいった。
スポンサーリンク

Affinity Designerのバグ

アートボードの直下の1番上のレイヤー

レイヤーで、アートボードの直下の1番上のレイヤーに移動すると、なぜか1番したに飛ぶ。。

2番目に移動して1番上にあるものを下に移動するという操作が必要。。。

データ連携

psd、png、eps、pdf、svgなどいろいろ試しました。

Affinity Designer → クリスタ(clip studio paint)

Affinity Designer:ファイル > 書き出し > SVG > 書き出し

ただし、ブラシを適用したデータは、うまくいきません!一度、普通の線に戻す必要があります。

画面上部の線のメニュー > スタイル

ブラシを適用した線を書き出したければpngに。。

Affinity Designerはsvgでエクスポートします。svgは拡大縮小しても劣化しないデータです。

クリスタ:ファイル > 読み込み > ベクター

この読み込みでベクターレイヤーで読み込まれます。簡単なデータでしたが、点の数は変わっていないようです。

バージョンによりコマンドがない場合があります。個人的にWindowsでみたらそんなコマンドがなく、Macでみたらありました。セシルスさんは片方だけのっけることはしないでしょうから、おそらくバージョン違いでしょうね。

バージョンはこのあたりで判断を!

なお、注意点としては塗りは非対応のようです。

PhotoshopはSVGが読み込めないため、Photoshopで文字入れだけしてクリスタに最終的なデータをまとめるのがいいかなと個人的に思っています。用途によるのでしょうけど。

クリスタ → Affinity Designer

ファイル > ベクター書き出し

バージョンによりコマンドがない場合があります。

(こちらは未検証です)

Affinity Designer → photoshop

レイヤー1枚なら、あらかじめサイズを調整し、透過Pngで書き出すとかですかね。

Pdfも読み込めました。

Psdはレイヤーは保持できますけど、パスは一応残っていたけど、使いにくいです。。(photoshopはcs6なのでccはわからないです)

photoshop → Affinity Designer

pngで書き出して、Affinity Designerで配置するような感じが多いですかね。

ファイル > 配置

もしくはツールバーの

画像配置ツール

クリックしないと配置されないので、注意です。配置したら選択してサイズを整えます。

macの場合、シフトキーではなく、altキーが縦横固定のようです。

PSDの読み込みも精度が高いです。ガイドも移植されていました。ただ、スマートオブジェクトがまとめてピクセルに変換されるようです。

epsとai

epsはレイヤーの概念がないようです。aiはadobeがフォーマットを公開していないようです。

Affinity Designerの類似ソフト比較

類似ソフト比較と各々のソフトを採用しなかった理由。

イラストレーター:たまにしか使わないのに月額は面倒(脱Adobe)

Vectornator:作られるデータに少し不満があり。よいところは無料です。

Autodesk Graphic:オートデスクは3DソフトMayaなどで有名な会社ですね。会社としては信頼感はあるのですけど、開発が停滞しているツイートを拝見したのと、Affinity Designerの方が情報が多かったので

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
アート
neruをフォローする
スポンサーリンク
ebookbrain

コメント

タイトルとURLをコピーしました