Duplicatorのエラーまとめ、All-in-One WP Migrationの方が比較するといい

シェアする

wordpress001

さくらインターネットからネットオウル系のファイアバードにDuplicatorを利用して引っ越ししようとしましたが、 小一時間弱で見切りをつけてAll-in-One WP Migrationを利用したという流れの記事です。

Duplicatorのエラー解決および、DuplicatorとAll-in-One WP Migrationの比較の参考になれば幸いです。

移転の際は必ずhostsの設定がおすすめです。
動作確認urlよりhosts設定がWordPress移転の際はおすすめ

Duplicatorのファイルダウンロード時のエラー

Duplicatorをインストールしてファイルをダウンロードします。細かい使い方を説明してくれているサイトはたくさんあるため割愛しエラーの解決方法だけ書きます。警告等はでませんでしたが、さくらインターネットの場合、internal server errorの500エラーがでます。

この問題の解決方法は簡単で、プラグインの設定で.htaccessの設定ファイルを非表示にします。

setting > Storage > Disable .htaccess File In Storage Directory Disable if issues occur when downloading installer/archive files.

このチェックボックスを変更すると、ダウンロードができるようになり無事終了。ここは設定で回避できるため、大した問題ではありませんでした。

スポンサーリンク

電子書籍のおすすめ比較

Duplicatorの使い方、インストール時の流れとそのエラー

次は移行先の作業です。次ような手順で進めますが、エラーの連続に。ぐぐったところ、引っ越し先をファイアバードやミニバードにしている人が多かったです。エックスサーバーの場合は楽々引っ越せるみたいですね。

  1. 移行先はドメインを設定します。ドメインを設定するとフォルダが生成されてアップロードする環境ができるため、先ほどダウンロードしたファイルをアップロードします。
  2. データベースを作成します。
  3. アップロードしたpublic_html/installer.phpにアクセス。
  4. 作成したデータベースの情報をいれてTest Cnnection
  5. I have read all warnings & noticesをチェック
  6. Run Deployment

ここまでは問題ありませんでしたが、エラーがでました。

Fatal error: Call to undefined function json_decode() in /home/サーバーのID名/サイト名/public_html/installer.php on line 121

Phpのバージョン切り替えで解決。

スポンサーリンク

Duplicatorのインストール時エラー2

The database “データベース名” has “テーブルの数” tables. The Duplicator only works with an EMPTY database. Enable the action “Connect and Remove All Data” radio button to remove all tables and or create a new database. Some hosting providers do not allow table removal from scripts. In this case you will need to login to your hosting providers control panel and remove the tables manually. Please contact your hosting provider for further details. Always backup all your data before proceeding!

この時点でWordpressのゴミデータができてしまったため、管理画面でデータベースを削除して、同じものを再度作りましょう。 そして、Test Cnnectionで解決します。ひとつひとつのエラーを取るのは簡単なのですが、細かいことでどんどん時間がかかってくるような気がしました。

Duplicatorのインストール時エラー3

Please try again an issue has occurred. server code: 200 status: OK response: INSTALL ERROR! A wp-config.php already exists in this location. This error prevents users from accidentally overwriting the wrong directories contents. You have two options:Empty this root directory except for the package and installer and try again. Delete just the wp-config.php file and try again. This will over-write all other files in the directory.

Try Again

wp.congingの削除。しかし、切り替えたはずのPhpのバージョンが巻き戻り、再度同じエラーでインストール失敗。いろいろ面倒だなあっと。

スポンサーリンク

DuplicatorとAll-in-One WP Migrationはどっちが時間節約!?

結論としては、Duplicatorはどうやらごり押しでインストールはできるようなのですが、 そもそも時間節約のためにプラグインを使っているのに時間がかかったらしょうがないです。手動の方が早いかもと…。

また、他のサイトも移転する予定だったため、エラーがたくさんでるDuplicatorこのフローをまたやりたくないな、と思いました。

個人的にはこの時点で別に2つ候補のプラグインがあっため、退散しました。 他のプラグインは1つもエラーがでず、Duplicatorより楽々引っ越しできたため、この撤退は正解でしたね。

All-in-One WP Migrationを使いました。サーバー情報すら自動なので楽々でしたね。 Duplicatorをどうしても利用したい場合はこの先は他のサイトをご参照ください。

Duplicatorをやめた理由まとめ

  • Duplicatorはサーバーによりエラーがでる。
  • うちはエックスサーバーも借りていますが、ネットオウル系のサーバーを3つ借りているため、今後の引っ越しで障害になる可能性があり、このプラグインで移転のフローを作るべきではない。
  • All-in-One WP Migrationの方が入力作業が自動のため早い。トラブル情報が極めて少ない
  • All-in-One WP Migrationは500mb以上は有料になりますが、Duplicatorの時間的コストの方がはるかに高い。

All-in-One WP Migrationの使い方

All-in-One WP Migrationの使い方はこちらの記事をみてください。
データベース、プラグインの有効・無効、テーマの有効・無効、記事など状態を保ったまま引っ越しできます。

All-in-One WP Migrationの使い方

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク